<!--カテゴリーURLを目視で確認し、手作りメニューを作成---> <!--手作りメニューをここまで※カスタマイズが終わったらこのテキストを削除--->

防火管理者の日記1 のページを説明

防火管理者のついて

防火管理者、防火管理者講習、消防法 防火管理者、防火管理者 選任 届出 書、防火管理者 資格のことなど。


>>メニューリスト

防火管理者、防火管理者講習、消防法 防火管理者、防火管理者 選任 届出 書、防火管理者 資格のことなどについてかいてます。

防火管理者「防火管理者の防火管理業務」

有資格者の確認と点検作業立会確認の励行 − 消防用設備は技術的に特殊なものであり、知識、技能の無い者が点検を行っても不備欠陥を指摘できないばかりか、かえって機能を損なうことも考えられる。防火管理者は、作業に当たっている者が資格を有しているかどうか、免許や資格者証の所持を確認するとともに作業に立会い、点検業務の質の向上を図る。防火管理業務は消防法に基づいて、管理権原者の責任において実施されるもの。…

防火管理者「防火管理者の防火管理業務」の全文を読む

防火管理者「防火管理者の位置付け」

防火対象物とは、建築物をはじめ、車両や船舶その他の工作物及び山林など火災予防の対象となるものだが、その用途により区分されている。防火管理の実施や消防用設備等の設置に関する基準はこの用途区分に応じて定めらる。防火管理者の位置付けは、建築物所有者側の代理人的な性格をもっている。消防設備の点検や補修工事などはできない。消防計画の作成や提出、消防訓練の企画等、防火的な作業を経営者や所有者に代わって行うこ…

防火管理者「防火管理者の位置付け」の全文を読む

防火管理者「防火管理者の選任が困難な事由」

非特定防火対象物 − 図書館や工場、駐車場、倉庫など特定防火対象物以外の防火対象物(非特定防火対象物)は、収容人員が50人以上の場合に防火管理者を選任。消防法の改正点(一部) ○措置命令を行い得る主体の拡大(平成14年10月25日施行)○管理権原者・共同防火管理の明確化(平成15年10月1日施行)○消防用設備等の点検報告制度の充実(平成15年10月1日施行)○新たな形態の風俗店等への対応(平成15…

防火管理者「防火管理者の選任が困難な事由」の全文を読む

>>キーワード別に読む
<!--記事URLを目視で確認し、手作りメニューを作成アンカーテキストは”単語”---> <!--手作りメニューココまで※カスタマイズが終わったらこのテキストを削除--->

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。